用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

マイナンバー

概要

 マイナンバーとは、日本国民全員に対し重複なく交付される12桁の番号のことであり、個人番号が正式名称。

 番号は一生涯変更されず、それに付随して税や社会保障の管理などが行われるため、行政コストの効率化や、国民の行政サービスに対する利便性の向上が期待されている。その反面、国家が国民を容易に監視することが可能となることや、不法に情報を所得した際における犯罪のリスク、国民の資産を国家が容易に統制することができる可能性がある、といった意見もある。

 マイナンバーが記された正式なカードには、番号のほかに顔写真、現住所、生年月日が表示されている。臓器提供意志(ドナーカード)の記入欄も設けられており、万が一の際の臓器提供の意思表示確認にも役立つ。カードは、マイナンバーを暗号化して記録したICチップも内蔵されており、個人情報が多数記されている。そのため管理は厳重に行う必要がある。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close