用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ホットスポット

概要

 ホットスポットとは、無線でインターネットができる環境が整えられている場所のことである。ホットスポットを利用した公衆無線LAN(公衆無線ローカルエリアネットワーク:公衆の設備の限られた範囲内で利用できる無線のネットワークのこと)によるインターネット接続は、Wi-Fiなど無線LANの電波を一定の区間に飛ばすためのアクセスポイント(無線LANと外部ネットワークをつなぐ接続点)を設置し、そのアクセスポイントに光回線などの有線ネットワークを経由して外部のインターネットなどに接続するといった形式で提供される。  ホットスポットを利用するメリットとしては、上記のような公共の場所で自らの端末を用いてインターネットができる点が挙げられる。逆にホットスポットの利用のデメリットとしては、人が多くいる場所では通信速度が遅くなる点や、利用する通信によっては暗号化がかけられていない場合、もしくは暗号化の強度が弱い場合があるため、通信内容を傍受されるリスクがある点が挙げられる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close