用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

GDP

概要

 GDPとは国内総生産のことである。国内総生産とは、国内で生産された商品やサービスがどれだけの利益を生み出したかを数値で表したものである。たとえば、原価10円のものを加工して100円で販売店に納入し、販売店はその商品を200円で消費者に販売した際、加工業者は100円-10円=90円の利益を出し、販売店は200円-100円=100円の利益を出したことになる。これらを足した100円+90円=190円が生み出した利益となり、これらの値を日本国内で発生するものについて全て足したものがGDPとなる。

 GDPは「Gross Domestic Product」の略であり、直訳すると国内の製品の統計となる。
GDPが上がることは日本の経済成長を意味し、それに伴う税収や雇用も増えるためメリットは大きい。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close