用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

企業版ふるさと納税

概要

企業版ふるさと納税とは、企業が地方の自治体に寄付をし、法人税の負担が軽減される制度である。各自治体が実施する「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に企業が寄付をすることで、寄付額の約30%の税額控除を受けることができる。正式名称は「地方創生応援税制」。地方公共団体が行う地方創生事業に対して寄付することにより地方創生を活性化させる。地方創生とは、「まち・ひと・しごと創生」のキーワードによって具体化され、各地域や地方がその特徴を活かして魅力あふれる地方のあり方を築くことであるといわれる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close