用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

雇用保険法

概要

 雇用保険法とは、労働者が失業した際に必要な失業給付や、雇用の安定をはかるための助成金、労働者の就職を支援するための教育訓練給付、雇用継続給付などについて定めている法律である。

 雇用保険は、政府が管掌する強制保険制度であり、民間ではなく国の保険制度となるため、労働者に強制的に適用される。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close