用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

CSR/企業の社会的責任

概要

 CSRとは、企業は株主だけでなく、顧客・従業員・取引先・地域住民などの利害関係者と良好な関係を築きながら企業運営を行っていく責任があり、その責任を負うことを言う。

 CSRは単純に法律を遵守するということだけではない。企業が社会の求めるものに対し、自身の強みを結びつけることで、市場が活性化する。企業にとっては市場との信頼が構築でき、競争力も向上する。その結果、企業の株価が上昇する。つまり、CSRを行うことで、企業と市場がともに発展していくのである。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close