用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

知足

概要

 知足とは、みずからの分をわきまえてそれ以上のものを求めないこと、分相応のところで満足することを指す。知足の由来は、老子の一節「足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り」(満足していることを知っている者は富み、努力している者は志が有る者といえる)からきている。環境問題や生活様式と併せて議論されることが多いため、必要以上の資源や労力を求めず持続可能な生活を目指すというニュアンスを持ち、競争主義や短期的利益とは対極の意味で使用される。「小欲知足」など四字熟語の一部としてもよく使用される。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close