用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

コラボレーション

概要

 コラボレーションとは、異なる組織が協力して新たなものを作り出すことである。コラボレーションは企業と企業によるものや、個人と個人、作品と作品などさまざまなレベルで協力し、ひとつまたは複数のサービスや製品を作り出すことである。企業と企業に限定したコラボレーションのことをアライアンス(提携)と呼ぶこともある。

 コラボレーションによるメリットは、自社だけでは生み出せないサービスを提供できる点や、コラボレーションする相手先がターゲットとする市場でも、自らの企業や製品を知ってもらえることで、知名度の向上や製品の売り上げ数増加が見込める点がある。さらにコラボレーションによるサービスや製品は、通常では提供されないものが期間限定で提供される点などから、消費者にとって価値が高められることもある。

 デメリットとしては、提携する企業の知名度が低い場合は、メリットに上げたような効果が見込めない点や費用がかかる点がある。

 コラボレーションの語源は「協力、共同制作」などを意味する英語の「collaboration」からきている。略して「コラボ」と呼ぶ場合もある。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close