用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

BtoB/BtoC

概要

 BtoBとは、企業間取引のことを指す。BtoBを主業務としている企業(BtoB企業)の特徴としては、取引内容は完成した商品だけではなく、その素材や部品が主であり、BtoCに比べ、取引金額が大きくなることがあげられる。取引が決まってから実際に納品するまでの期間が長いことや、リピート率が極めて高いこと、企業ブランドには必ずしも固執しないこと、経営が安定していることなどが特徴である。一般への知名度が低いことから、学生の就職先の人気としては必ずしも高くはないが、経営は安定しているため、就職活動において推奨されることが多い。

 BtoCとは、一般消費者向けサービスを行っている企業のことを指す。消費者に完成した商品やサービスを購入させることで利益を生み出しているため、企業ブランドには細心の注意を払うケースが非常に多い。テレビコマーシャルなど各メディアを通して企業の存在を広く浸透させるため、社会的認知度も高い。マーケティングにも非常に関心が高く、一般的にマーケティングという用語を用いる際は、BtoC企業が行うものを指す。知名度が高いことから、就職活動先としては学生が集中するケースが多く、そのため、就職難易度が高いことも特徴である。

 それ以外にも、BtoBtoC(OEM品を供給する取引)や、CtoC(ネットオークションやフリーマーケットなど一般消費者同士の取引)、BtoG(政府や公共団体との取引)、BtoE(従業員に対する取引)といった派生語も存在する。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close