用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

BCM/事業継続マネジメント

概要

 BCM(事業継続マネジメント、Business Continuity Management)とは、自然災害や紛争など不測の事態が発生しても、業務中断を最小限にし、目標時間内に復旧させることで、顧客喪失、シェア低下、企業評価下落を防止するための経営戦略のことである。BCMを行うためには、まずBCP(事業継続計画、Business Continuity Plan)を策定する必要がある。BCPの策定には、企業内における業務継続の障害を洗い出したのち影響を分析し、優先的に維持・復旧すべき拠点や機能を定め、社員あるいは組織が取るべき行動を定めていく。BCMでは、このBCPに対して計画、実行、点検、改善のサイクルを回し、管理を行う。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close