用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ADR/裁判外紛争解決手続

概要

 ADR(裁判外紛争解決手続)とは訴訟手段を用いずに、両者が合意の元で法的なトラブルを解決する方法や手段などの総称である。裁判外紛争解決手続きの利用の促進に関する法律(ADR法)で、訴訟手続によらず民事上の紛争の解決をしようとする当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続、と定められている。なお、ADRは「Alternative Dispute Resolution」の頭文字を取ったものである。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close