用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

5:25の法則

概要

 5:25の法則とは、既存顧客の離反を5%改善すれば、利益率が25%改善するという法則である。つまり、「新規顧客を獲得するよりも、失客防止を優先したほうが良い」ということを示している。

 本法則の根拠は、既存顧客と信頼関係が築けていれば、広告宣伝やキャンペーン展開などのコストがおさえられるため、結果的に利益改善につながるというものである。

 失客防止の副次的効果として、既存顧客が紹介として新規顧客を連れてくることによる利益率の向上や、既存顧客に対する商品説明の省略による販売コストの抑制といった効果も期待できる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close