「人材不足」を働き方改革で乗り越える

日本各地のあらゆる企業で、いま、人材不足が続いている。 帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」(2019年1月)によると、2018年の「人手不足倒産」は、 前年比44.3%増の153件。「正社員が不足している」と回答した企業は、実に53%にものぼるという。
「いますぐ、新しい人材を雇いたい!」、そう思っても、既に少子高齢化による就労人口減少の影響で、採用自体が難しいという状態だ。ならば、視点を変えて。採用だけにこだわらずさまざまな手立てで、課題を解決する方法を考えてみてはいかがだろうか。いますぐできる「人材不足」解消のアプローチ、その手段を4つ紹介する。

「人手不足倒産」の件数

出典:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」(2019年1月)

人材不足を働き方改革で乗り越えるための準備・対策は、
NTT東日本へおまかせください。

ICTのご相談はこちらへ

0120-765000(通話料無料)

お問い合わせ番号:24

受付時間:午前9時~午後5時(年末年始を除きます)

「人材不足」解消のアプローチ.1外部への委託

  • コラム
  • 事例
  • ソリューション

「人材不足」解消のアプローチ.2業務の効率化

  • コラム
  • 事例
  • ソリューション

人材不足を働き方改革で乗り越えるための準備・対策は、
NTT東日本へおまかせください。

ICTのご相談はこちらへ

0120-765000(通話料無料)

お問い合わせ番号:24

受付時間:午前9時~午後5時(年末年始を除きます)

ページトップへ