AI・IoT最新事情(第1回)

「RPA」は働き方改革の救世主となるか!?

posted by 株式会社ナチュラル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本は人口減少と高齢者増加によって、生産年齢人口(15~64歳の人口)の比率が減少を続けています。生産年齢人口が減少すれば労働力も低下するので、このままでは国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額であるGDP(国内総生産)に少なからず影響すると考えられています。

 GDPなど日本の経済成長を維持するために求められている対策の1つが、労働生産性を向上させるといった働き方改革です。生産年齢人口が減少しても、一人ひとりの生産性が向上すれば、経済成長を維持できるからです。

 生産性向上を実現するための方法はいくつかありますが、その1つに「RPA(Robotic Process Automation)」の導入が挙げられます。RPAを導入することで、私たちの働き方はどのように変わっていくのでしょうか。

バックオフィスの業務をロボットが代わりに作業

 RPAとは、ロボットを使った業務自動化の取り組みのことです。1文字目のRはロボットの略ですが、人型ロボットが業務を代行するわけではありません。RPAにおけるロボットとは、アプリケーションの操作やシステム画面の識別といった作業を自動的に処理する「ソフトウェアロボット」を指しています。

 工場の生産ラインや倉庫では、組立作業や荷物運搬などで産業用ロボットの導入は進んでいましたが、RPAはホワイトカラーがPCで行うバックオフィス業務の担い手として期待されています。

 PCを使った仕事は、一見、クリエイティブなことをしているように思うかもしれません。しかし、その作業の中には、メールやファイルの分類・整理などのように単純かつ反復して行われる定型的なものも多く存在します。RPAは、定型的な業務を自動化してくれるのです。

これまでのオフィスソフトと何が違うのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社ナチュラル

株式会社ナチュラル

Webコンテンツから紙媒体の制作、Webサイトの構築までを手がける制作プロダクション。IT分野をはじめ、教育、建築、エネルギー、旅行、金融・保険と幅広いジャンルのコンテンツ制作を行っている。
https://www.nun.co.jp/

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ