持たない経営で強い企業を目指す(第1回)

「小よく大を制す」経営を実現するクラウドERP

posted by 佐京 正則

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 かつて経営資源の3要素として語られていた「ヒト・モノ・カネ」に「情報」が加わり、経営資源の4要素として語られることが珍しくなくなりました。経営資源としての情報は、年々重要さを増しています。これに伴い、経営資源の効率化や事業拡大に寄与する基幹システムが、新たな局面を迎えています。その局面とは「外部化」です。基幹システムの外部化は、中堅・中小企業の海外進出や新規ビジネス参入において特別な意味を持つ施策といえます。

従来の基幹システムが「足かせ」になる理由

 本来、基幹システムは「業務効率化」や「経営判断の迅速化」を目的として導入されることが多い仕組みです。しかし、その存在が経営の足かせになっている例は少なくありません。基幹システムは企業が導入する情報システムの中でも、最も巨大かつ影響範囲の大きい仕組みで、導入・運用には大量の経営資源が必要です。

 たとえば、ある大企業向け基幹システムとしてERPパッケージ(Enterprise Resource Planningパケージ、基幹システムを担うソフトウェア群を1つのパッケージにまとめた製品)を導入するには、「サーバ費用」「ソフトウェアライセンス費用」だけで数千万円の資金を必要とします。ソフトウェアライセンス費用はシステムを利用する社員の数だけ必要になるので、社員数が多いほど費用はかさむわけです。

 また、導入する企業の業務に合わせて細かいパラメータ設定や追加開発を行えば、新たな費用が必要になります。これに加え、業務用端末の追加購入、ERP導入コンサルタントへの報酬を含めると、投資額は億単位に膨らむことも。ちなみに、中堅・中小企業向けのパッケージを選択しても、やはり種々の費用で数千万円規模の投資になる可能性が高いでしょう。さらに導入後は運用・保守費用がのしかかることも忘れてはいけません。

 基幹システムでERPパッケージが円滑に運用できなければ、企業の業務進行に支障をきたすので、運用・保守には専任チームが必要です。一度運用を開始したERPパッケージは、長期にわたって企業の屋台骨となる仕組みになります。だからこそ安易に切り捨てるわけにはいかず、経営の足かせになっている例が少なくありません。

基幹システム外部化の鍵は「クラウドERP」にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
佐京 正則

佐京 正則

法学部を卒業後、IT業界にて約10年間、エンジニアやERPコンサルタントとして勤務。2015年よりフリーライターとして活動し、主にIT系ビジネスや不動産投資、社会人の転職事情などについて執筆中。文理両方の知見を活かし、テクノロジーとビジネスが結びついた話題を得意としている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ