2018.3.30 (Fri)

【特別企画】キーパーソンが語るビジネス最前線(第2回)

従業員が気持ちよく働ける場をICTで実現/津田大介

posted by 秋山 由香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 いまやICTは、ビジネスに欠かせない存在だ。メールでの連絡やビジネス文書の作成だけでなく、クラウドを活用した情報共有、スマートフォンを利用した決済業務、人事労務管理や給与計算など、あらゆる分野でICTがその力を発揮している。

 しかし一方で、「ICTの導入がうまく進まない」「テクノロジーの進化に追いつけない」と嘆く経営者や管理職も少なくない。どうすれば中小企業のビジネスに役立つサービスを適切に探し出すことができるのか、そして、ICTの導入をスムーズに進めることができるのか――。Twitterブームの立役者としても知られるメディア・アクティビストの津田大介氏に、「中小企業のICT活用とこれから」について語っていただいた。

インターネットの第二元年で足踏みしている中小企業

 企業とICTについて語る前に、まずはインターネットの歴史をおさらいしておきましょう。

 インターネットは1995年に、Windows 95が登場したことで一般に広がりました。ただし当時は、まだまだ24時間、誰でも気軽に情報にアクセスできる時代とは言い難かった。ダイヤルアップ接続で通信を行っていたため通信費が異常に高く、PCを持つ一部の人がテレホーダイの適用時間帯となる深夜帯に、ぽつりぽつりとインターネットにアクセスしている程度でした。企業にもやっとPCが導入され始めたという状態で、部署に1台しかない共有PCを譲り合って使うようなおおらかな時代でしたね。

 この状況をガラリと変えたのが、1996年に登場したNTT(当時)の常時接続サービス「OCNエコノミー」の存在です。それまでは常時接続をしようとすると月数十万円のお金が飛んでいくような状態だったのですが、OCNエコノミーによって、月数万円で常時接続が行えるようになりました。これで、一気に企業へインターネットが普及し、メールを使った連絡や、自社サイトを持つことが当たり前になってきたのです。インターネット元年というと「1995年」「Windows 95」だと言われることが多いのですが、インターネットの本質が「常時接続」であるということを考えると、僕は「1996年」「OCNエコノミー」が、本当のインターネット元年だったのではないかと考えています。

 もう1つの分水嶺、インターネットの第二元年といえるのが、2006~2007年です。SNSのFacebookが一般に開放され、Twitterがスタート。そして、iPhoneとAndroidといったスマートフォンが発表されました。また、2006年のGoogleカンファレンスで当時の会長だったエリック・シュミットがはじめて「クラウド・コンピューティング」という言葉を使ったこともその1つです。今、私たちの生活を支えているSNS、スマートフォン、クラウドというものが一気に世に出てきた、まさに革命的な時代でした。インターネットによる情報共有の根幹が出来上がった、とても重要な2年間だと考えています。

 同時に、このころから「テクノロジーについていけない」という人が現れ始めました。Microsoftという世界的老舗企業と国内の通信会社が、比較的ゆっくりと引っ張ってきたインターネットの世界は、海外の学生ベンチャーや新興企業によって、突然、桁違いの拡がりを見せるようになったからかもしれません。2006~2007年頃の時代で足踏みをしている中小企業も少なくないように思います。

ツールありきの導入が、現場でミスマッチを起こす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
秋山 由香

秋山 由香

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ