2018.4.16 (Mon)

第三次人工知能ブームはなぜ起きたのか(第3回)

人工知能の常識を変えたディープラーニングとは何か

posted by 亀田 健司

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 自動車の自動運転技術や、自律的に動作するロボット、さらには人間の名人を打ち負かした囲碁ソフトAlpha Goの出現など、現在は第三次AIブームといわれる状況にあります。

 これらブームを牽引している中心技術がディープラーニング、日本語で深層学習(しんそうがくしゅう)と呼ばれているものです。この深層学習とは一体どのようなものでしょうか。

脳の仕組みを機械上でシミュレーション

 深層学習の仕組みについて説明する前に、その基盤技術であるニューラルネットワークという技術について説明しておく必要があります。

 人間の脳には、脳全体では千数百億個以上もあるニューロンという電気刺激を伝える神経細胞で構成されています。

 これらは、何層にも重なった複雑なネットワークを形成し、電気信号で情報を伝えることにより、経験から規則性を見つけ出すという学びや、未知のものに経験則を当てはめる判断などを行っています。

 ニュートラルネットワークは、このネットワークの構造を人工的に再現することで、人工知能が学びや判断を行えるようにしたものです。

 この考え方の起源は古く、1940年代にはその原型となるものは提唱されていましたが、盛んに研究されるようになったのは1950年代に入ってからでした。

 しかし、できることは簡単な統計データの分類程度で、広く注目を集めることはなく、研究は続けられていましたが、2000年代まで人工知能技術の中心となることはありませんでした。

画像認識で圧倒的な実力を示す「深層学習」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
亀田 健司

亀田 健司

フリーエンジニア。2008年より執筆活動を開始し、主にシステム開発や人工知能の分野を研究、執筆している。IT教育にも関心が高く、オンライン学習サイトudemyで人工知能に関する講座を受け持つほか、初心者向けのプログラミング学習サイト「一週間でわかるシリーズ」(http://sevendays-study.com/index.html)を運営している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ