2018.3.30 (Fri)

第三次人工知能ブームはなぜ起きたのか(第2回)

間もなくビッグデータが生活・社会を変える時代へ

posted by 亀田 健司

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 この10年前後で誕生した新しい職業の1つに、「ビッグデータサイエンティスト」があります。ビッグデータと呼ばれる膨大なデータをコンピューターで解析し、ビジネスや行政などさまざまな分野に活かす情報を取得するための専門家のことを指します。

 近年、ビッグデータサイエンティストが活躍して多くの成果を上げており、世界中のビジネスが大きく変化しようとしています。

ビッグデータから導き出されるもの

 ビジネスを大きく変えようとしているビッグデータとは、一体何なのでしょうか? 日本語に直訳すれば、膨大な量のデータということになりますが、一般的なデータ管理・処理ソフトウェアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語です。

 インターネットの普及により、現在は行政・経済・科学などあらゆる情報を容易に集められるようになったため、各種データを結び付け、なんらかの規則や因果関係を導き出す動きが盛り上がっています。

ビッグデータで「風が吹けば桶屋が儲かる」を掴む

 ビッグデータ解析の優れた点は、人間の力では不可能な大量のデータ解析をコンピューターで行うことにより、人間の類推だけでは絶対に気づくことのない予測や因果関係を導き出せる点にあります。

 めぐりめぐって意外なところに影響が出ることをたとえた「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺があります。一見因果関係がないようなものでも、手繰り寄せるように調べ続けることで関係を掴むのが、ビッグデータ解析なのです。

 身近でわかりやすい例が、インターネット通販などで利用できるリコメンデーション機能です。書籍を購入すると、ある日、聞いたこともない著者の書籍を、インターネット通販サイトがすすめてきたことはないでしょうか。

 「なんでこんなものをすすめてくるのだろう?」と最初は不思議に思うのですが、試しにその書籍を買ってみると、実に面白いということがよくあります。

 これは、コンピューターがビッグデータを駆使し、過去にその人と同じような書籍を購入した人が、面白いと評価したり購入した書籍のデータの中から最適と思われるものを選び、推薦しているからです。

父の知らぬことをビッグデータは知っている

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
亀田 健司

亀田 健司

フリーエンジニア。2008年より執筆活動を開始し、主にシステム開発や人工知能の分野を研究、執筆している。IT教育にも関心が高く、オンライン学習サイトudemyで人工知能に関する講座を受け持つほか、初心者向けのプログラミング学習サイト「一週間でわかるシリーズ」(http://sevendays-study.com/index.html)を運営している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ