2018.3.14 (Wed)

仕事力を落とさないための食生活(第2回)

脳の働きを活かして健康的に中年太りを解消!

posted by たかはし かなこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 イキイキと仕事し続けるためには、健康であることが欠かせません。多忙なビジネスパーソンなら、短時間でボリューム重視の食事や毎日同じものを食べたり、遅い時間の夕食で油っぽい食事を取ってしまうこともあるでしょう。ところが、こうした量もタイミングも不規則な食生活が続くと、体が疲弊してしまいます。特に脂肪は、体内に蓄積されてしまうので厄介です。

 そこで、多くの人はダイエットを始めるわけですが、ただ食事の量を減らしただけでは健康的とはいえません。結果を出すダイエットには、血糖値の変化を意識した食事方法が効果的です。極端な食事制限ではなく、食べ方を変えることでエネルギーの過剰摂取を予防するという方法です。習慣化することで健康な体づくりにつながります。

 本記事では、仕事力を落とさずに健康を維持するための、食事と食べ方について紹介します。

血糖値を急上昇させない食べ方

 おなかいっぱい食べたのに、しばらくすると甘いものも食べたくなるときがあります。これは、血糖値の変化が影響しているからです。人は血糖値が急激に下がるときに空腹を感じ、食事で血糖値が上昇すると空腹を感じなくなります。

 血糖値が急上昇すると、体は血糖値を下げようとするためインスリンというホルモンを大量に分泌します。そして急激に血糖値が下がるので、おなかいっぱいなのに空腹と感じてしまうのです。

 さらに、インスリンは体内にある使い切れない糖を脂肪に変え、体内に蓄える働きがあります。つまり、インスリンが大量に分泌されると太りやすくなってしまうのです。ですので、おなかいっぱい食べるのは避けたいところ。また、時間がないからと、丼ものや麺類といった炭水化物がメインの食事を噛まずに流し込むような食べ方も、血糖値の急上昇につながります。

 つまり、私たちが空腹を感じるのは、血糖値が急激に下がるときですので、血糖値の急激な上昇を抑えることが重要になります。このように急激な血糖値の昇降が起きなければ、空腹感を覚えず、間食でつい甘いものを食べてしまうことも起こりにくくなります。

ダイエットに欠かせない食物繊維を意識して食べる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
たかはし かなこ

たかはし かなこ

管理栄養士専攻の大学卒業後、管理栄養士の資格を取得し、病院に勤務。その後、フリーランス管理栄養士として、予防医学、食事、栄養に関する記事作成、コラム執筆、レシピコラム、商品コメントなどの執筆活動やオンライン栄養指導にて、個人へのダイエットサポートを行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ