コストを徹底削減! PC買替&機能アップ術(第4回)

買い替えたいけどお金が…そんな時はアウトレットPC

posted by 風間 梢

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 PCはいくら最新のものを購入しても、使い続けるうちにやがて古くなってしまいます。たとえばクラウドのアプリケーションを使うだけでも、処理に長い時間を要してしまうこともあります。これでは、仕事を円滑に進めることはできません。

 できれば新しいPCに買い換えて、スムーズに仕事をしたいところではありますが、大手メーカーの最新モデルのPCに買い換えるのはコストが高く、仕方なく古いPCを我慢して使い続けている企業があるかもしれません。

 そんな時に選択肢に入れておきたいのが、新品に近い状態のPCをリーズナブルに購入できる「アウトレットPC」です。

ほぼ新品なのに割安な理由は?

 アウトレットPCとは、新品と遜色のないものの、何らかの理由で安く販売されているPCのことです。

 その「何らかの理由」とは、たとえば本体が無傷の新品なのに、箱に傷や汚れがあるもの、未使用ではあるものの開封後に返品されたもの、新品ではあるが一世代前の“型落ちモデル”、初期不良を修理したもの、などが挙げられます。

 こうしたアウトレットPCは、インターネットで簡単に購入できます。検索サイトで「アウトレットPC」や「アウトレットパソコン」、「アウトレットPC+希望するメーカー名」といったキーワードで検索すれば、販売サイトがヒットします。

 販売サイトには「ワケあり」の詳細が個別に記載されているケースが多く、購入前に“なぜアウトレットなのか?”という理由が事前に確認できます。

 アウトレットPCの販売サイトは、大きく2種類に分類されます。まずは、PCメーカーが直接運営している直営サイトです。基本的には、自社製品のみを取り扱っています。本来の販売価格の半額ほどで販売されるケースもあるようです。商品の大半は型落ちモデルで、最新モデルは稀にしか販売されません。

 もう1つが、PC販売店や家電量販店などが運営しているサイトです。前述のようなメーカーPCのほか、自社ブランドやBTO(受注生産品)のアウトレットPCも取り扱っています。展示品などの開封済み・通電済みのPCや、注文のキャンセル品が出やすいため、新しいモデルも比較的多く見つかります。

「同じPCをアウトレットで十台揃えたい」というニーズには向かない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
風間 梢

風間 梢

フリーライター。企画、人事、ECサイト運営等を担当したのちに独立。現在は就職、流通、IT、観光関連のコラムやニュース等を執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


ページトップへ