2017.10.31 (Tue)

歴史上の人物から学ぶビジネスの神髄(第4回)

歴史上の偉人も実践!食による健康管理

posted by いまだ あすか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 健康診断で、医師から食事や運動などといった生活習慣を見直して、老後の健康へ配慮を始めるようにといったアドバイスが行われることは、よく耳にすることです。じつは長寿といわれる歴史上の偉人は生活習慣に注意を払っていた人が多く、健康管理に関する言い伝えや書物が多く残っています。

 ここでは、日本史に登場する有名な4人の健康管理方法について紹介し、現代の健康管理方法との接点を検証してみます。

豊臣秀吉は麦飯とハチミツで健康を促進させた

 まずは戦国時代の武将である豊臣秀吉の食事による健康管理方法です。秀吉は戦国時代としては長寿といわれる61歳まで生きました。粗食を好み、麦飯をよく食べていたと伝えられています。麦飯は白米と比べて10倍の食物繊維と4倍のカルシウムを含んでおり、また急激に血糖値が上がらないため、高血圧・高コレステロール・便秘などの体質改善に効果のある食物です。

 また、秀吉は疲労回復や免疫力アップのために、肉、にんにく、ハチミツなどを煮込んだ「太閤スープ」を飲んでいたといわれています。ハチミツには疲労回復、免疫力アップ、傷の治癒、動脈硬化の予防といった効果があるとされています。

機能性食品の仙台味噌を出兵でも食した伊達政宗

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
いまだ あすか

いまだ あすか

アメリカ合衆国オレゴン州立大学卒。専攻はビジネス管理。私立中学受験塾の社会科講師、証券会社勤務を経てライターに転身。「歴女」としてビジネスに活かせる日本史の紹介記事などを多数執筆中。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ