2017.8.28 (Mon)

歴史上の人物から学ぶビジネスの神髄(第1回)

武田信玄から学ぶ部下の人心掌握術

posted by 山下 正之助

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 戦国時代の武将である武田信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、あだは敵なり」という名言で知られています。その名言には、ビジネスパーソンにとって指導者としての姿勢や人材活用で参考となるメソッドが含まれています。

 

武田信玄は「会議」でクーデターを決定した!?

 武田信玄は、1521年に甲斐源氏の流れをくむ武田家の嫡男として府中(現在の山梨県甲府市)に生まれました。信玄という名は仏門へ出家した後のもので、それ以前は晴信と名乗っています。

 彼の父である信虎は甲斐の守護(室町幕府の地方行政官)であり、合戦上手な暴れん坊として名を知られていました。信虎は、信玄が誕生した翌年に甲斐国の統一に成功します。信虎は合戦上手ではあったものの、人の意見を聞き入れない君主で、家臣との間に溝が生まれていました。

 それは実の息子である信玄に対しても同様で、信虎と信玄は衝突することが多かったようです。そのため信虎は、信玄の弟である信繁を次代の当主に据えるべく、信玄の追放を企てます。その計画を察知した信玄はまだ21歳でしたが、父に不満を抱いていた板垣信方、甘利虎恭、飯富虎昌ら武田家の重臣を味方につけてクーデターを起こし、逆に父を駿河の国(静岡県中部)へ追放します。

 このようなかたちで家督を継ぐことになった信玄ですが、弟である信繁とは仲が良く、家臣からも慕われる人柄だったそうです。信虎と信玄で周囲の対応が違った理由は、人の意見を聞くという姿勢でした。

独善だった戦国大名で異端だった信玄の人材活用術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
山下 正之助

山下 正之助

国公立の美大卒業後、大手広告代理店などでクリエイターとして勤務。現在はフリーライターとして活動中。アートに関するキュレーターコラム、ビジネスコラムなど執筆多数。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ