離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり(第6回)

ライフネット生命会長らと考える「幸せを産む働き方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「佐渡は課題先進地。でも、それを越える希望がある」——。そんな言葉がとても印象に残る催しでした。

 ライフネット生命保険の会長や日本総研の主席研究員を“先生”に招き、佐渡島の廃校で開催された「学校蔵の特別授業」。

 島内外から約120人が参加し、「佐渡から考える島国ニッポンの未来」をメインテーマに、常識を覆すような世界地図の見方を学ぶとともに、「幸せを産む働き方」などについて意見を交わしました。

離島の廃校で島国ニッポンの未来を考える

 廃校となった小学校を酒蔵として再生し、酒造りの他、学びや交流の場などとしても活用する「学校蔵プロジェクト」。学校蔵では交流の場づくりの一環として、学校蔵がスタートした2014年から年に一度「学校蔵の特別授業」と題したワークショップを開催してきました。

 学校蔵を運営する尾畑酒造の尾畑留美子専務は「さまざまな人が集まってこそ学校。いろいろなテーマで人が集い、意見を交わしてぶつかることによって、“化学反応”を起こす場所にしていきたいと考えました」と思いを語ります。

教室に室名札を掲示するなど細かな演出も

 特別授業の参加者は、初回は約40人、2回目は約80人、3回目は約100人、そして4回目の今回は約120人と、どんどん増えています。各回に共通する大テーマは「佐渡から考える島国ニッポンの未来」。人口減少や高齢化などの課題先進地といわれる佐渡島を“日本の縮図”と捉えれば、日本再生の何らかのヒントが得られるのではないか、との思いが込められています。

 特別授業で“学級委員長”を務める尾畑専務は「特別授業は、参加者に何かをしてあげるためのイベントではありません。それぞれに何かを学んで成長できる場を目指しています。ここに来る“生徒”は熱量の大きな人が多い。熱量の大きい物がぶつかった方が、大きな化学反応が起きますよね。小さな教室ですが、大きな化学反応があちこちで起きているのが面白いんです。これからも化学反応を起こすための場づくりに向けて、学級委員長を続けていきます」と意気込んでいます。

地図を回して眺めてみれば、世界の見え方も変わってくる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ