離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり(第5回)

佐渡で出会った東大教授が語る地方創生とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 廃校を酒蔵として再生した「学校蔵」では、酒米はもちろん、エネルギーも含めたオール佐渡産の酒造りに取り組んでいます。島の強みである優れた自然資源を生かした再生可能エネルギーを活用することで、“佐渡島でしかできない酒造り”をしようというのです。

 地域資源を強みとした地域再生などの研究に取り組んできた東京大学の福士謙介教授は、こうした取り組みを「日本酒の付加価値とブランド力を高め、世界に売り込む材料になる」と評価。さらに、高付加価値化型の事業を展開するとともに、バリューチェーンを多様にすることで地域の雇用を生み出し、地方創生につなげていくという構想を語ります。

高い付加価値を生んだ独自の牡蠣殻農法

酒米を育てている水田。左手前に見えるのが牡蠣殻農法のドラム缶

酒米を育てている水田。左手前に見えるのが牡蠣殻農法のドラム缶

 学校蔵で使う酒米は、新潟県が独自に開発した「越淡麗(こしたんれい)」が中心。このお米を栽培するのは、学校蔵を運営する尾畑酒造の契約農家、株式会社佐渡相田ライスファーミングの相田忠明さんで、オリジナルの牡蠣(かき)殻農法で育てています。

 牡蠣殻農法は、肥料を自分で食べてみたりするほど稲作に真剣に取り組んでいた相田さんの父親が、牡蠣殻の浄化作用や肥料としての効果に着目し、約20年前に始めたもの。山から直接引いた森のミネラルを含んだ水を、牡蠣殻で満たしたドラム缶を通して水田に入れ、さらに粉末にした牡蠣殻をまくことで、海のミネラルとカルシウムを田に与えます。

 メディアでも話題となり、「相田家産佐渡スーパーコシヒカリ」というブランド米として大手百貨店や著名人からも注文が来るように。シンガポールや香港に輸出している実績もあるそうです。

山から引いた水を牡蠣殻を通して水田に入れる(撮影用にフタを開いた状態。普段は閉めてある)

山から引いた水を牡蠣殻を通して水田に入れる(撮影用にフタを開いた状態。普段は閉めてある)

 実は、牡蠣は佐渡の特産品の一つ。また、相田さんの栽培する酒米は、相田家産佐渡スーパーコシヒカリとともに、トキの住む環境に配慮した「朱鷺と暮らす郷づくり認証米」として佐渡市から指定を受けています。

 水田まで案内してくれた尾畑酒造の平島健社長は、しみじみと語ります。「いい米がなければ、いい酒も造れません。素晴らしい農家がいてくれるからこそ、いい酒が造れるのです」

クリスマスイブに届いた1通のメール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ