離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり(第3回)

日本酒の輸出戦略から探るグローバル展開のヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本酒のマーケットはピークだった1970年代の3分の1にまで縮小し、依然として微減が続いています。

 ところが、海外に目を転じると、違った景色が見えてきます。日本酒の輸出は7年連続で過去最高を記録。市場規模はこの10年で2.5倍に拡大しているのです。

 そしてここ数年、海外で外国人が清酒を醸造する動きが広がりつつあります。一見、日本酒の輸出と競合するようにも見えるこの動き。実は、日本酒が「世界酒」へと飛躍する強力な追い風になると期待されているのです。

「東京をゴールにしない」という戦略転換

 日本酒(清酒)の販売(消費)数量は、1975年度に約168万klだったのが、他のアルコール飲料との競合などにより、2015年度には約56万klと3分の1にまで落ち込んでいます。(国税庁「酒のしおり」2017年3月)

 一方、輸出については順調に推移しており、2016年の輸出数量は約2万kl(一升瓶換算で約1,100万本。対前年比108.6%)と、この10年でほぼ倍増。輸出金額は約156億円(同111.2%)と、この10年で約2.5倍の伸びを示しています。(国税庁「酒類の輸出動向について」2017年2月)

 尾畑酒造は、佐渡島という離島にある小さな酒蔵ですが、2003年と比較的早期に輸出を開始し、現在では19カ国・地域にまで拡大。輸出に注力した理由の1つとして尾畑留美子専務は「東京の市場を目指すことが、パイを奪い合う消耗戦に思え、限界を感じました。その時、世界のマーケットに目を向けたらパーッと視界が開けたのです」と述べています。

“世界標準”の世界地図を背にする尾畑酒造の尾畑留美子専務

“世界標準”の世界地図を背にする尾畑酒造の尾畑留美子専務

 「地方、特に離島から東京をゴールにすると、どうしても運賃や時間のハンディがあります。しかし、世界を市場として見ると、そんなことは小さなこと。むしろ『島』だからこその風土や文化が、貴重な個性になると実感しています。地方も直接、世界の市場とつながっていることを考えれば、地方にいることは、ちっとも怖くありません」(尾畑専務)

 尾畑酒造のように、直接海外に輸出する地方の酒蔵も少しずつ増え始めていますが、その一方、日本酒の輸出は国内生産量全体の約3%にすぎません。海外での日本酒の認知度はまだ限定的で、多様な食文化に合わせたマリアージュの提案など課題も多いのが現実です。

 しかし裏返してみれば、まだまだ新たなマーケットを切り開いていく可能性があふれています。そこには、競争過多ともいわれる国内市場とは違ったブルーオーシャンが広がっていることも期待できます。和食のユネスコ無形文化遺産登録や東京オリンピック・パラリンピックの開催など、日本酒の魅力を世界に伝える絶好のチャンスも控えています。

海外でじわりと広がる外国人醸造家による“JIZAKE”造り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ