離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり(第2回)

なぜ廃校が地方創生の核になり得るのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 廃校を酒蔵として再生し、酒造りの他、学びや交流の場としても活用する「学校蔵プロジェクト」。

 東京から新幹線と高速船を乗り継いで約4時間かかる佐渡島で行われている学校蔵の酒造り体験には、国内にとどまらず、アメリカやスペインからも参加者が訪れるなど、地域の中でさまざまな波及効果をもたらしています。

 発案者は、地元の酒造会社・尾畑酒造の平島健社長。東京で生まれ、角川書店で「東京ウォーカー」などの編集をしていた平島社長は、もともと佐渡島とは縁もゆかりもありませんでした。そんな平島社長が、なぜ「学校蔵」を始めることになったのか。その思いをたどることで、多くの“応援団”を引き付けてやまない「学校蔵」の魅力の一端を垣間見ることができそうです。

吉本興業も活用 廃校に秘められた無限の可能性

 学校蔵の話の前に、廃校の現状を見ておきましょう。

 文部科学省が1月に公表した「廃校施設活用状況実態調査」によると、毎年500前後の廃校が発生。2002年度から2015年度に発生した廃校6,811校のうち、施設が現存しているのは5,943校で、その約7割が教育・文化施設や福祉・医療施設、体験学習・宿泊施設など、さまざまな用途に活用されています。

 あの吉本興業も2008年から、新宿の廃校を東京本部の社屋として活用。「笑いは、人の触れ合いや思い出といった『人の情』を芸に昇華するもの。小学校は人間の触れ合いが形成される場所であり、人材を養成する場所としてとても良い環境」だとして、2014年までスタッフ養成校「よしもとクリエイティブカレッジ」も併設していました。

 山梨県の中学校はドローン(小型無人航空機)の製造工場として活用されています。ドローンのテストフライトには無風の大型空間が必要ですが、体育館は理想的な環境なのだそうです。

 廃校活用のメリットとして、文部科学省は「同規模の建物を建設する場合と比べて費用の節約が期待できる」「地域に密着した事業を展開する際に学校施設を拠点とすることで、地域の理解が得られやすい」「『学校施設の再利用』という形の地域貢献が達成できる」ことなどを挙げており、地方創生にも大きな役割を果たすと期待されています。

 多感な時代を過ごした学校は、誰にとっても“心のふるさと”ともいえ、たとえ自身が通った校舎ではなくても、どことなく懐かしさを感じさせる不思議な魅力があります。冒頭で紹介した調査によると、活用の用途が決まっていない廃校は1,260校あり、少子化の流れの中で今後も増えていくとみられています。アイデア次第でさまざまなビジネスチャンスが広がっていく可能性がありそうです。

 しかし、学校蔵の発案者である尾畑酒造の平島社長の発想は、もっとピュアな思いから生まれたものでした。

「見せたいものがある」と連れ出された廃校で打ち明けられた構想

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ