離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり(第1回)

50年で人口半減の佐渡 盆踊りとICTで地域再生

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 廃校になった小学校を酒蔵として再生し、地域活性化につなげている佐渡島での取り組みが注目を集めています。

 酒造りの場にとどまらず、酒造りを体験しながら学べる場、さまざまな人が集い意見を交わす交流の場、そしてエコアイランドとしての佐渡の美しい自然環境を見える化する環境の場を4本柱とする「学校蔵プロジェクト」。

 文化人など多くの人たちを巻き込んで活動の輪が広がるこのプロジェクトから地方創生のヒントを得ようと、佐渡島を訪ねました。

ジブリの世界を彷彿とさせる佐渡金銀山の北沢浮遊選鉱場跡

ジブリの世界を彷彿とさせる佐渡金銀山の北沢浮遊選鉱場跡

世界遺産を目指す金銀山、先進国初の世界農業遺産に認定された米作り

 「学校蔵プロジェクト」を見ていく前に、まず佐渡島について概観しておきましょう。

 東京から上越新幹線と高速船を乗り継いで約4時間。新潟県の沖合に位置する佐渡島は、独特の文化を育んできました。古くは流罪によって流されてきた貴族や知識人たちから貴族文化が、江戸時代には金銀山の開発に伴って江戸から武家文化が伝わり、また、上方(大阪方面)と北海道を結ぶ北前船の中継拠点として船乗りや商人たちから町人文化が持ち込まれ、これらを融合しながら形成された文化は“日本の縮図”ともいわれています。

 島の西北部の大佐渡山地と東南部の小佐渡山地に挟まれた、中央部の国仲平野には広大な水田地帯が広がり、そこで栽培される米は、魚沼産と並ぶトップブランドとして知られています。山間地にも多くの棚田があり、収穫を終えた冬場でも水を張り湿地状態を保っておくことから、ドジョウやタニシ、昆虫類などが豊富に生息。それが国の特別天然記念物・トキの餌場となり、トキが佐渡で生き続けた要因の1つとも考えられているようです。

豊かな生態系を育む岩首棚田

豊かな生態系を育む岩首棚田

 佐渡金銀山は2010年、世界遺産暫定リストに記載され、また「トキと共生する佐渡の里山」は2011年、先進国では初めての世界農業遺産に認定されました。

盆踊りとICTが島を救う?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ