2017.10.6 (Fri)

最新の身だしなみ事情(第4回)

スーツを手入れして、相手に良い印象を与えよう

posted by 地蔵 重樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 シワや汚れがなく、スーツのシルエットが美しい人と、クタクタのパンツにヨレヨレのジャケットを着込んだ人では、第一印象に大きな違いがあります。たとえ仕事がバリバリできる人でも、シャキッとしたイメージのない人は、クライアントや上司からは「どこか信頼できない印象」を持たれてしまいます。今回はちょっとした工夫で、シャキッとしたシルエットを維持できる「スーツの手入れ術」を紹介します。

クリーニング回数の目安

 スーツをきれいに、かつ型崩れさせることなく整えておく方法として、真っ先に思い浮かぶのはクリーニングに出すことです。しかし、頻繁にクリーニングするとスーツの寿命は縮まります。生地はもともと傷みやすいからです。

 スーツを長持ちさせるための適切なクリーニング回数は、頻度や季節にもよりますが、1~3カ月に1回がよいとされています。毎日同じスーツを着るわけではないので、ローテーションによっても変わってきます。

 帰宅してハンガーに掛けておけばOKといかないのが、スーツのちょっと面倒なところ。ところが、日ごろからほんの少し手入れする時間をもうけることで、スーツの寿命は延びます。加えてクリーニング代の節約にもなるのです。

 スーツをくたびれさせない方法として、基本となるのは「生地を傷めない」「形を崩さない」「ニオイ対策」「休ませる」の4種類です。

ブラッシングが基本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
地蔵 重樹

地蔵 重樹

フリーライター。ニュースサイトやオウンドメディアなどのWebコンテンツや、書籍のライティングを行う。著書に『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』(日本実業出版社)などがある。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ