2017.8.14 (Mon)

最新の身だしなみ事情(第2回)

これは爽快!冷感グッズで夏場の仕事を快適に

posted by 村上 哲也

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 8月になり、夏の暑さが本格化しています。うだるような暑さの中で快適に仕事をこなすためには、体を冷やす製品の存在がうれしいもの。今回は、夏場を快適に過ごすために有用な暑さ対策アイテムを紹介します。

 

身に着けるだけで爽快になる「冷感」仕様の衣料品

 最近では「冷感肌着(インナー)」「冷感靴下」「冷感下着」といった衣料品が登場し始めています。これらの製品は特殊な繊維が使われており、着るだけでひんやり冷たい感覚が得られるというものです。それだけでなく、消臭効果や抗菌効果、さらには汗をすぐに乾かす“速乾効果”を持った製品もあります。

 たとえば、ユニクロの「AIRism(エアリズム)」はメッシュ素材のため、汗をかいてもすぐ乾く効果があり、通気性も高いため蒸れが少ない仕様になっています。さらに、汗などの臭いのもとを吸収して中和する消臭効果も。その上、高いストレッチ性や防菌効果などさまざまな機能を備えているのが特徴です。

 ラインアップも豊富で、仕事用のシャツの下に着ても目立ちにくいVネックや、丸首のクルーネックなど、いろいろな服装に対応できるものが登場しています。このエアリズムに対抗して、セブン&アイやイオン(トップバリュ)など他社からも、同じく冷感機能を持った肌着が登場しています。

 冷感靴下としてはGUNZEの「COOLMAGIC(クールマジック)」が有名です。足の甲と土踏まずに当たる部分をメッシュ素材とすることで、暑さがこもりがちな足元の熱を逃しやすい構造になっています。この他、防臭効果、吸汗乾燥効果もあるといいます。

 靴下だけでなく、下着にも冷感タイプのものがあります。中でも個性的なものはSIDOの「包帯パンツ 前開きロングボクサー 冷涼タイプ」です。これは包帯生地で作られたパンツのため、通気性が高く、蒸れが非常に少ないことが特徴です。さらに、ウエスト部分のゴムも省略しているため、締めつけ感がなく、ゴム部分にあたる肌がかゆくなりにくい仕様になっています。

首やシャツを冷やす冷感グッズも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
村上 哲也

村上 哲也

コンサルタント兼ライター。ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。
http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ