地方振興の事例から、ビジネスのヒントを学ぶ(第6回)

寂れた温泉街が「心の満足感」を追求してV字回復

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 国内旅行の定番の1つである温泉旅行ですが、すべての温泉街が盛況というわけではありません。なかには寂れてしまったところもあります。

 熊本県の阿蘇山北部の山間部にある小さな温泉郷、黒川温泉は1960年代の開業時は盛況でしたが、一度寂れます。ところが現在は旅行雑誌『九州発じゃらん』の「行ってよかった観光地」で6年連続1位に選ばれ、2009年版『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では二つ星を受けるほどのV字回復を見せています。

 一度は客足が遠のいた黒川温泉が、再び盛況を取り戻した復活劇とはどのようなものだったのでしょうか。

道路開通で賑わうも数年で下火に

 黒川温泉は、1964年にやまなみハイウェイという有料道路(現在は無料)の開通に伴い、山間部の湯治場から旅館の建ち並ぶ温泉街へと変わります。しかし、これといった特徴のない温泉街は、目新しさが失われると1960年代後半からは客は減少し、寂れはじめました。

 そのことに危機感を覚えた同地の温泉旅館「山の宿 新明館」当主の後藤哲也氏は、まずは自分の旅館から改革を行います。当初、後藤氏の改革は周囲から奇異の目で見られましたが、成功を重ね次第に温泉街全体を巻き込むものへと発展。現在、黒川温泉は国内だけではなく外国人観光客にも知られているほどの人気温泉までに回復しています。

 黒川温泉の回復は、温泉街の「魅力」や自分たちの「個性」を考え抜き、それを温泉街全体に徹底させたことにあります。

V字回復をさせた「魅力」や「個性」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ