2017.5.17 (Wed)

地方振興の事例から、ビジネスのヒントを学ぶ(第2回)

真珠養殖は“世界”を制したイノベーションだった

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 明治から昭和にかけて、日本は世界トップクラスの真珠生産国として君臨していました。しかし真珠産業は、政府の指導などで創生されたものではありません。地方の一企業が生み出したイノベーションから、世界を制する産業が創り上げられたのです。

 そのイノベーションとは、養殖による「大量生産システム」を確立したことです。

生産体制の構築により世界市場で優位を占めた

 真珠はアコヤ貝などの中から採取されるもので、天然のアコヤ貝から採取される確率は貝1万個に対して真珠1つといわれるぐらいに低く、貴重なものです。養殖技術が確立する前は、世界各国でアコヤ貝を乱獲するという非効率的な生産体制を取っていました。

 真珠の採取を目的としたアコヤ貝養殖は、日本でも古代から行われていましたが、技術は不確実なものでした。その技術を研究していた御木本幸吉(御木本真珠店〈現・ミキモト〉創業者)が、1893(明治26)年に三重県の鳥羽市で半円の真珠の養殖に成功したことにより、日本の真珠産業のイノベーションが始まります。

 その後、御木本は娘婿と協力し1905(明治38)年には世界初の完全な球形の養殖真珠に成功。その後日本では真珠養殖技術の研究が盛んになり、安定して採取できる養殖技術が確立します。

 日本の真珠産業は養殖技術によって業績を伸ばし、世界市場でも頭角を現してきます。量と価格面で太刀打ちできないと察した欧米の国々は「日本で養殖された真珠は人工による偽造品」だと裁判で訴えて、市場から締め出そうとします。しかし天然ものと養殖ものに差異はないことが分かると、論争は終結。日本の養殖真珠は世界へ広まり、御木本は世界から「真珠王」と呼ばれるまでの存在になります。

地方産業でも世界の最先端をリードできる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


YouTube

ページトップへ