2017.5.10 (Wed)

地方振興の事例から、ビジネスのヒントを学ぶ(第1回)

ハワイは人工的に作られた“楽園”だった

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 太平洋に浮かぶアメリカ領の島といえば「ハワイ」です。青い海と椰子の生い茂る白いビーチ、フラダンスやウクレレといった“楽園”的なイメージは、日本でも広く浸透しており、海外旅行の定番ともいえる土地です。

 しかし、そうしたハワイの“楽園”のイメージは、近代に人為的に創られたものです。ハワイはもともと観光地ではありませんでしたが、観光地であることを意図的に宣伝することで、世界有数の観光地となったのです。

楽園どころか「出稼ぎ」の土地だった

 もともと日本にとって、ハワイは名の知れた存在でした。しかしそれは、「観光地」という意味ではなく、「働く場所」という意味においてです。「優雅に楽園を楽しむ」どころか、サトウキビやパイナップル畑の労働者として出稼ぎに行くような場所でした。劣悪な条件で、労働者が酷使されるケースも少なくなかったといいます。

 明治時代に日本に流入するハワイの情報のほとんどは、現地での仕事や暮らしに関するもので、いわば「就業案内」に近いものでした。アメリカへの海外視察でハワイに立ち寄った福沢諭吉も、「刺激が少なく、特筆するような文化も無い」と、その印象を書き残しています。

 当時のハワイには「魅惑的なリゾート地」などどこにも存在していませんでした。今では観光名所となっているワイキキビーチも、そのころは魚の養殖地であり、近くにはタロイモ畑や水田が点在していました。ちなみに「ワイキキ」とは、現地語で「水の湧き出るところ」という意味です。元々は湿地で、ヤブ蚊の害がひどい土地でした。

ワイキキビーチの白い砂の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ