もっと知りたい!スマートフォンを活用した働き方改革(社内連携編)

多様な働き方は人材活用の要。早速できるサポート策

posted by 中村 俊之

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 優秀な人材確保がなかなか思うように進まない昨今ですが、多様な働き方を受け入れることで、戦力アップを期待することができます。事情があって時短勤務になる人や在宅勤務になる人も少なくありません。だからこそ多様な働き方を支えることで、会社は人材の宝の山にたどりつく可能性を持っているのです。

社員間でコミュニケーションの格差が発生していないか

 短時間勤務や在宅勤務、フレックスタイム制など、すでに多様な働き方を導入している会社も多いでしょう。ただ、働く場所や時間が異なると、社員同士のコミュニケーションや、情報の一斉共有が困難になる面もあります。たとえば在宅勤務の社員に対しては電話をするのが遠慮がちになる、短時間勤務の社員に対しては情報共有が後手にまわってしまう、といった問題が発生していないでしょうか。電子メールは多様な働き方を支えるツールとして有効性もありますが、急ぎの用件や複雑な問題が発生したら、やはり対面や電話でのコミュニケーションが重要になってきます。このように、働き方が多様化していく中、大きな目的に向かって社員を束ねていくためには、社員間のコミュニケーションの差を埋めていかなければなりません。

場所や働き方に依存しないコミュニケーション環境を整える

 さっそく取り組める対策のひとつが、社内の情報システム面で相互の立場を支え合うことです。短時間勤務や在宅勤務でも、オフィスに勤務している社員と同じように社員間でコミュニケーションがとれる環境を整え、情報の共有を進められるようにすること。

 たとえば、NTT東日本の「αA1×αUC」ならば、パソコンやスマートフォン上で連絡をとりたい社員の状態がひと目で確認でき、相手の状態に応じて、電話、メール、簡易メッセージ(相互会話形式での文字チャット)といった最適なコミュニケーション手段をとることができます。また、社員個人のスマートフォンに会社の電話番号を付与して、社用電話として使うこともできます。在宅でも出先でも会社にいるときと同じように社員間のコミュニケーションや取引先への電話が可能となるのです。個人のスマートフォンを活用することもできるので、比較的手軽に環境整備が始められることもメリットです。

情報システムの整備に加え、制度整備や対面でのコミュニケーション促進も不可欠

 多様な働き方を相互が尊重しあえるようにするには、情報システムの整備だけでなく、制度的なバックアップや対面でのコミュニケーション促進も欠かせません。様々な働き方の人材を、フェアに扱っていくという、経営陣の強い覚悟とやる気が必要になるのです。会社として多様な働き方を推進している姿勢が社員に伝われば、少しずつ雰囲気は変わってくるはずです。

外回りが多い営業担当にも導入効果が期待できる

 そのような中で、具体的でわかりやすい通信環境の整備は、社員に意図が伝わりやすい面もあります。また、多様な働き方に対応できることは、その結果、外回りが多い社員にとっても利便性やコスト面でメリットがある、といった意外な恩恵も出てくるのです。メリットを整理してみましょう。

・働く場所に依存せず社員間でコミュニケーションがとれる環境を用意できる
・私物のスマートフォンを使って社員同士のコミュニケーションがとれる
・比較的お手頃に導入できる

 通信環境の整備は、多様な働き方のサポートに大いに役立ちます。そして通信環境の変化を通して、社員の相互理解も期待できます。人材活用を考える上でもこのような通信システムの導入をご検討いただいてはいかがでしょうか。

•本サービスのご利用には、「フレッツ光 ネクスト」「フレッツ光 ライトプラス」「フレッツ光 ライト」または光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービスのいずれかおよびプロバイダとのご契約が必要です(別途、初期費用・月額利用料がかかります)。

•本サービスのご利用には専用の無料アプリケーションをダウンロードする必要があります。

•ビジネスフォンと連携する機能のご利用にあたっては、対応するビジネスフォン側への設定工事(有料)が必要となります。

・パソコンやスマートフォンによっては、本サービスの機能の一部(あるいは全部)をご利用いただけない場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
中村 俊之

中村 俊之(中村社会保険労務パートナーズ
【記事監修】

特定社会保険労務士、中村社会保険労務パートナーズ代表。1954年、東京都生まれ。2005年、社会保険労務士登録、同年に「中村社会保険労務パートナーズ」(文京区本郷)設立、代表として現在にいたる。30年以上にわたり人事・労務一筋に携わり、人事労務相談・研修講師・人事制度設計・書籍の執筆監修等を行っている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close