2017.1.13 (Fri)

もっと知りたい!スマートフォンを活用した働き方改革(営業支援編)

外回り営業は会社の力の源。課題は外出時のフォロー

posted by 中村 俊之

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 新規顧客を広げるために、そして既存顧客とのリレーションを強化するためには、外回りの営業担当者の頑張りが欠かせません。ただ、外回りに力点を置きすぎて、顧客から会社にかかって来た電話に誰も出られない・・・。そんな状況になってはいないでしょうか。

 

顧客の要望は、伝言だけではニュアンスが伝わりにくいことも

 営業は足で稼げ!とハッパをかけて外回りを頑張ってもらうのはいいのですが、その結果、顧客からの電話に対応できないとなったら一大事です。できれば既存顧客には、営業担当者が直接連絡を取り合うことで関係性を広げたいところ。営業担当者とクライアントが直接話せなければ、優先順位のニュアンスが伝わりきらない面があるのも確かです。

社外にいる営業担当者も会社の電話番号で電話応対が可能に

 外出がちな営業担当者のサポートとして、出先でも会社にかかってきた電話を受けられるようにしておく方法があります。たとえばNTT東日本の「αA1×αUC」なら、社員個人のスマートフォンで会社の電話番号を割り振ることが可能です。この機能を使えば、直接顧客から社員個人のスマートフォンで電話を受けたり、会社の内線を転送し、発信元の番号を社員個人のスマートフォンに表示することができます。外出先でも遠隔地勤務でも、オフィスにいるのと同様に電話の受け答えができ、リアルタイムなお客さま対応が可能になるわけです。

 営業担当者に会社からスマートフォンを支給する方法もありますが、私物のスマートフォンにこの機能を追加することで、導入コストを比較的抑えつつ、営業担当者も業務用・私物のスマートフォンをわざわざ2台持たずに済むというメリットがあります。

どうしても電話に出られない時や、万一の際の対応は別途決めておく

 このような機能を活用したとしても、現実的には別の顧客との打合せ中や、電車での移動中など、どうしても電話に出ることができない場合もあるでしょう。その場合、留守番電話での対応も可能ですが、営業担当者が不在であっても、他のスタッフでもある程度対応できるようにしておく必要はあります。外出中に受けた電話をどうするか、電話に出られなかった際の対応や伝言をどうするかは、社内の決め事として、きちんと共有しておく必要があるでしょう。

私物のスマートフォンが抱える電話料金やセキュリティの問題解消も見込める

 留守や至急対応などに備えたレギュレーションが社内で共有できていれば、あとは電話システムの利便性が効果を発揮します。営業担当者の中には、これまでも私物のスマートフォンを活用して顧客と連絡を取り合ったケースも多いでしょう。しかし、「αA1×αUC」のような、会社の電話番号を社員の私物スマートフォンに付与するシステムを使えば、通信料金の個人負担を減らしたり、個人ごとにスタンスが異なるセキュリティ対策の違いをクリアすることもできます。メリットを整理してみましょう。

・外出先でも社内と同様に電話対応ができる
・私物のスマートフォン利用で業務用スマートフォンの導入コストの抑制が見込める
・セキュリティ不安や電話料金など個人の負担解消が見込める

 このように、私物のスマートフォン活用の見直しは、業務の効率化につながります。社員にとって高い効果が期待できるシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

•本サービスのご利用には、「フレッツ光 ネクスト」「フレッツ光 ライトプラス」「フレッツ光 ライト」または光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービスのいずれかおよびプロバイダとのご契約が必要です(別途、初期費用・月額利用料がかかります)。

•本サービスのご利用には専用の無料アプリケーションをダウンロードする必要があります。

•ビジネスフォンと連携する機能のご利用にあたっては、対応するビジネスフォン側への設定工事(有料)が必要となります。

・パソコンやスマートフォンによっては、本サービスの機能の一部(あるいは全部)をご利用いただけない場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
中村 俊之

中村 俊之(中村社会保険労務パートナーズ
【記事監修】

特定社会保険労務士、中村社会保険労務パートナーズ代表。1954年、東京都生まれ。2005年、社会保険労務士登録、同年に「中村社会保険労務パートナーズ」(文京区本郷)設立、代表として現在にいたる。30年以上にわたり人事・労務一筋に携わり、人事労務相談・研修講師・人事制度設計・書籍の執筆監修等を行っている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ

あわせて読みたい

close