2017.8.31 (Thu)

子供たちが熱狂! 懐かしのヒット商品の裏側(第11回)

クレームから始まったガリガリ君の、起死回生の戦略

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 1981(昭和56)年の発売から30年以上にもわたってロングセラーを続けてきた、かき氷をスティックタイプにした氷菓「ガリガリ君」は、丸刈りの男子が大きな口を開けてアイスを食べているパッケージで馴染みのある商品です。

 ガリガリ君は年間販売実績で、2010年に3億本、2012年にはなんと4億本突破という記録を残しました。ほぼ横ばいということが多い氷菓市場では、驚異的な上昇率です。そのペースアップの要因は、ガリガリ君というガキ大将キャラクターを活用したプロモーション戦略によるものでした。

クレームからのスタートながら救世主に

 ガリガリ君を製造している赤城乳業の歴史は、常に順風満帆であったわけではありません。ガリガリ君は、同社が窮地のときに誕生した商品でした。

 同社は、1964(昭和39)年にカップ入りかき氷「赤城しぐれ」を発売します。当時、かき氷は店で食べるのが当たり前だったため、予想を超えるヒット商品となります。

 しかし、1979(昭和54)年に第二次オイルショックのあおりで生産コストが上昇し、同社を含めた多くの氷菓メーカーが製品を値上げしました。ところが、一部の大手メーカーが価格を据え置いたため、主力商品である赤城しぐれの売れ行きが激減。工場ラインは停止寸前にまでなり、倒産の危機が訪れます。その中、起死回生の商品として登場したのが「ガリガリ君」でした。

 ガリガリ君は、赤城しぐれをスティックタイプにするというアイデアから生まれた商品でした。片手で持てるスティック式にすれば、遊びに夢中になっている子どもが手軽に食べられるので、子どもにヒットするのではという狙いがあったのです。

 当時、スティックタイプのアイスキャンディーは商品化されていましたが、かき氷はありませんでした。最初のガリガリ君は、かき氷をゼリー状に固めた商品として発売されますが、包装袋の中でバラバラになっているというトラブルからクレームが多発します。赤城乳業はこのトラブルを、薄いアイスキャンディーの膜の中に、かき氷を入れるという技術革新でブレイクスルーを達成します。また、技術革新により新しい食感と味わいを作り出したことで、ガリガリ君はクレーム多発から一転、大人気商品となりました。

「気持ち悪い」といわれたキャラクターの再生劇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ