2017.7.25 (Tue)

子供たちが熱狂! 懐かしのヒット商品の裏側(第10回)

野球盤がヒットした背景にある「駆け引き」とは

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 巨額な資産運用やプロスポーツなど、現実ではなかなか体験できないことを疑似体験できるボードゲームには、さまざまな種類があります。そのようなボードゲームの中でも、1958(昭和33)年に日本のエポック社が発売した「野球盤」は、当時、娯楽の王様と呼ばれるほど人気だった野球を題材とすることで大ヒットを生みました。

 しかしエポック社の「野球盤」が発売される以前にも、野球を題材としたボードゲームやピンボールマシン、カードゲームなどが多数存在しました。それらと比べ「野球盤」が画期的だったのは、野球の「駆け引き」という醍醐味をリアルに味わえる対戦型ゲームであることでした。

今までにない「駆け引き」がヒットに

 テレビゲームが登場する前は、ゲームといえば盤上(ボード)で複数の人が楽しむのが主流でした。友人と盛り上がるためのツールだったボードゲームには、さまざまなヒット商品やロングセラー商品があります。その1つがエポック社の「野球盤」です。

 「野球盤」が登場する以前より登場していた初期の野球ボードゲームは、盤面にグランドやスコアボードが記され、サイコロやカードで結果を決めるというスタイルでした。中には指などで球をはじき、止まった場所で結果を判定するというものありました。

 次に投げる、打つという対戦型のアクションが加わります。金属球を転がし、ばね仕掛けで回転するバットで打ち、その球が入った穴で結果判定という現在に通ずるスタイルも「野球盤」発売前に登場していました。

 ジグソーパズル事業で成功していた出版社の前田竹虎氏は、過去に海外製の野球ボードゲームで遊んだ経験や当時の野球ブームから、より野球の醍醐味を楽しめる野球ゲームを作ろうと思い立ちます。

 まず野球場という舞台を忠実に再現しようとします。それまで野球ゲームの盤面は立体感に乏しいものでした。そこで家具職人の手によって作られたバックスクリーンを設置し、選手の人形はこけし職人による手作りで立体的という凝った製品を開発します。

 この造形により製品は58cm四方という当時では大型な玩具となり、さらに大卒の初任給の約1割である1,750円という高額な価格だったため、問屋からは難色を示されます。

 そこで前田氏は、この商品を発売するために、出版社から独立してエポック社を創業します。そして「野球盤」を1958(昭和33)年に発売したのです。「野球盤」は高額にも関わらず生産が追いつかないほどのヒット商品となりました。

「消える魔球」などの変化球が人気を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


YouTube

ページトップへ