2017.6.27 (Tue)

子供たちが熱狂! 懐かしのヒット商品の裏側(第9回)

社内では不評、でも出荷後は大ヒット「モグラ退治」

posted by 味志 和彦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 1975年に登場したアーケードゲーム「モグラ退治」は、穴から出てきたもぐらの頭をたたくというシンプルなゲームながら、日本中で社会現象となるほどの大ブームを巻き起こしました。全国の遊戯施設ではほぼ必ず見かける定番ゲームとなり、派生商品で登場した家庭用おもちゃは100万個を超えるセールスを記録。それらを総称して「もぐらたたき」と呼ばれていました。

 一般的に、流行は年代や性別によって温度差があります。若者が夢中になる傍らで大人が冷ややかな視線を浴びせていることも珍しくありません。その点で「モグラ退治」のヒットが興味深いのは、老若男女を巻き込んだ一大ブームになったことです。そして「もぐらたたき」という総称は、退治してもキリがない様子や、場当たり的な対処を比喩する表現として現在も使われていたりと、ブームの枠を超えて言葉にまで波及した特殊な例です。

 これだけのブームになりながらも、開発元の東洋娯楽機製作所では当初「くだらない」と軽んじられていたゲームでした。そんな「モグラ退治」が、どうやって大ヒットまでのぼりつめたのか。その道のりをたどっていきます。

くだらない、子供だましに潜んでいた魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
味志 和彦

味志 和彦

佐賀県生まれ。産業技術の研究者を経て雑誌記者など。現在コラムニスト、シナリオライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


YouTube

ページトップへ