2018.3.12 (Mon)

デキる上司になるための「仕事の流儀」(第8回)

オーケストラの指揮者に学ぶリーダーシップ術

posted by 山田 尚明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 オーケストラの指揮者は、楽団員のそれぞれの役割を活かしながら、1つの音楽を創り出すリーダー的存在です。その仕事ぶりは、会社組織で成果を上げるために部下の能力を活かそうとしているリーダーの姿と似ています。

 本記事では、海外のモントリオール交響楽団、北ドイツフィルハーモニー管弦楽団、モスクワ放送交響楽団などのオーケストラで指揮者として数々の実績を残し、現在はセントラル愛知交響楽団の名誉指揮者である小松長生(こまつちょうせい)氏の著書『リーダーシップは「第九」に学べ』から、指揮者に必要なリーダーシップを紹介します。

「俺が全部やる」の指揮者はうまくいかない

 小松氏は、指揮者の仕事が「楽譜を読みこなす」「完成すべきものをイメージする」「それをもとに楽団員を指揮する」からなるとしています。楽譜を読みこなし、完成すべきものをイメージするためには、指揮法や各楽器の知識、音楽理論、音楽史、語学などの幅広い知識が必要とされます。

 そして完成イメージを楽団員に伝えて指揮するには、信頼関係が大切です。指揮者は自分で楽器を演奏するわけではありません。しかし、楽団全体という「楽器」を指揮することで、音楽を創り上げるからです。

 楽団員たちは、それぞれの楽器で研鑽を積んできたプロです。楽団員の立場からすると、自分たちの力を引き出して、演奏をリードしてくれるプロの指揮者=リーダーを求めています。

 しかし指揮者だからといって「全部俺が指揮してやるんだ」という姿勢で指揮棒を振っても、オーケストラは力を発揮できないと小松氏は述べています。ときには指揮者が楽団員をサポートしながら演奏レベルを引き上げる、またあるときには楽団の自主性に任せることも必要と述べています。

 小松氏は「自分がやらないといけない」と考える指揮者は、楽団員を信用していない側面を持ち合わせている可能性があるとしています。指揮者には、リードするか、任せるかを見極める力が必要です。任せるには、楽団員を信頼して指揮棒を振らなければなりません。

指揮者は楽団員に目標を示す力が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
山田 尚明

山田 尚明

大学院卒業後、メーカの営業企画部署にて5年半、カタログ・Web制作や展示会の運営などのプロモーションに携わる。その後IT企業にて1年半インターネット広告の運用を担当。現在はフリーランスとしてIT、ビジネス、健康、金融、ニュースなどさまざまなジャンルの記事を執筆するとともに、Webサイトの制作やコンテンツマーケティング、インターネット広告の運用などの業務を行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ