2018.3.7 (Wed)

デキる上司になるための「仕事の流儀」(第7回)

臆病な小心者こそ、優れたリーダーになる資質あり!?

posted by 平島 聡子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「優れたリーダーの条件は?」と聞かれて、「小心者であること」と答える人は、ほとんどいないでしょう。たとえば大胆な決断力や意志の強さ、物怖じしない社交性など、優れたリーダーの条件として思い浮かぶ資質は、およそ小心者とは真逆のものばかりです。

 しかし、日本を代表するタイヤメーカーであるブリヂストンの元社長、荒川詔四(あらかわしょうし)氏は、「小心者こそ優れたリーダーに育つことができる」と主張しています。

 経営者として世界150カ国、14万人を超える従業員を率いてきた荒川氏が、「一流のリーダーには臆病さ、繊細さこそが必要である」と考える理由を、著作『優れたリーダーはみな小心者である。』から読み取っていきます。

繊細な人は、困難を他人や環境のせいにできない

 荒川氏は自らのリーダーシップの芽生えとして、ブリヂストン入社2年目にタイ工場で直面した困難を挙げています。在庫管理を任されたものの、タイ人従業員には無視され、上司には突き放され、在庫は積み上がる一方、という逃げ道のない環境に追い詰められたとき、初めて困難に正面から向き合う心の持ち方を手に入れたのだといいます。

 困難を他人や環境のせいにして逃げるのではなく、自分事として受け止め向き合うという心の持ち方こそが、リーダーシップの出発点であるとしています。この出発点に立てる人こそ、困難を誰かのせいにして平気な顔でいられる強心臓の持ち主ではなく、そんな厚顔無恥なことができないという繊細な人間なのだ、と荒川氏は述べています。

トラブル解決こそ、小心者の繊細が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
平島 聡子

平島 聡子

ヨーロッパ在住ビジネスライター。大企業・ベンチャー双方での就業経験や海外でのビジネス経験を活かし、経営や働き方に焦点を当てたコラムやインタビュー記事の執筆を手掛ける。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ