2018.1.17 (Wed)

理想的な会社の在り方とは(第23回)

なぜ多くの新卒社員は3年で退職してしまうのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「3年で辞めてしまう新卒社員が3割いる」状況は、この30年間変わっていません。現代の若者たちが3年で企業に見切りをつける主な理由は、「キャリア成長が望めないこと」「拘束時間・企業の方針・社風など企業の内実が採用選考で学生に伝わっていないこと」「適性のない配属」などです。ここではこれらの問題点を掘り下げ、新卒社員側と企業側の意識のズレについて説明します。

「3年で辞めてしまう」の割合は30年変化なし

 厚生労働省発表の「新規学卒者の離職状況」によると、大卒の新卒社員で入社後3年以内に最初の会社を辞める人は全体の3割とのことです。実は、この数字は新卒社員にとって売り手市場といわれた1980年代のバブル時代から30年間変わっていません。1987年をピークに、新卒3年目までの離職率は25~35%の範囲に収まっています。

 厚生労働省発表の「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」によれば、採用人数が5人未満の企業では3年以内の離職率は約6割、5~29人の企業は約5割、100~499人の企業は約3割といった数字が出ています。このように、企業の規模が大きくなるほど新卒社員の早期退職の割合は少なくなっていくのですが1,000人以上の規模の企業でも、2割は3年以内に辞めてしまうのです。

新卒社員が挙げる退職理由のトップは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ