2017.12.7 (Thu)

理想的な会社の在り方とは(第21回)

「乾けない世代」30代以下の価値観が企業を変える

posted by 塚田 沙羅

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 育ってきた社会・経済状況といった背景によって、働くことに対する価値観は世代ごとに異なります。特に、他の世代と価値観が大きく異なるのは、30代以下といわれています。なぜなら、彼らは生まれたときから何もかも揃っていた社会で育ち、何かを渇望した経験がないので、価値観が大きく異なっているからです。

 IT批評家の尾原和啓氏は、著書『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』で、30代以下の世代を「乾けない世代」と表現して、彼らの価値観と仕事に対するモチベーションが、それまでの世代と大きく違うことを解説しています。

 また同書では、乾けない世代の価値観と仕事に対するモチベーションが、これらからの働き方にどんな変化をもたらしていくかについても言及しています。

「乾けない世代」は、生まれたときから何でもあった

 30代以下の「乾けない世代」は、生まれたときから社会に「ないものがない」時代で育ってきました。必要な家電はすべて一家に一台あり、小さいころからコンピュータや携帯電話に触れ、娯楽も充実している。何かに飢えるということを経験していません。そのため、世の中にないものを生み出すという達成感を経験していないのです。

 それ以前の「乾いている世代」は、社会に「ないもの」を埋める仕事をしてきました。過去になかったものを生み出して生活を豊かにするという価値観をベースに、仕事では働けば働くほど、経済や社会が成長し、自分への報酬も増えるというのがモチベーションだったのです。また価値観とモチベーションは、国や社会を支えているという大きなビジョンとリンクしていました。

 しかし、上の世代が「ないもの」をほとんど埋めた現在では、生活を豊かにすることや、国や社会を支えるといった大きなビジョンを達成したという感覚を持つことが稀となっています。そのため、乾けない世代は、家庭や友人、自分という身近で共有されている価値観を大切にするようになったのです。

乾けない世代が重要視する3つの要素

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

塚田 沙羅

塚田 沙羅

イギリス・ロンドン在住のライター/英日翻訳者。東京芸大卒業後、出版社編集部を経てフリーランスに。イギリス情報・文化、ビジネス(働く人にとっての学びや気づき、人材育成、グローバル思考など)、アート・カルチャーについてさまざまな媒体で多数執筆。
https://japanesewriterinuk.com/article/contact.html

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ