2017.1.11 (Wed)

理想的な会社の在り方とは(第11回)

社員が「コスト削減」に意欲的に取り組む4つの方法

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 企業の売上は、必ずしも右肩上がりではありません。うまくいかなかった年は、企業はコストの削減を迫られます。

 しかし、経営者や管理職が経費を抑えろと指示しても、指示される側にとっては、さらなる努力を強いられることになり、げんなりするものです。

 社員のモチベーションを下げずに、コストを上手に削減する方法はないのでしょうか? 以下に4つのポイントに絞って考えてみましょう。

【1】コスト削減の目標を設定する

 最も重要なことは、コストの削減目標を設定し、各従業員が“ゴール”のイメージを持つことです。ゴールが示されていない状況で“努力しろ”と、闇雲なコスト削減指示をされても、目標がわからないとコストをかけるべき部分と削る部分の判断がつきません。目標を設定することで、従業員も達成することの意欲が湧くはずです。

 そして、コストに関する現状を性格に把握することも重要です。特に注意したいのは、複数の部署にまたがる業務や、個々の社員の裁量が大きい業務など、現状把握が難しいコストです。気付かないうちにコストが増大しているケースがあるので、早めに手をつけるべきです。

【2】経営者が前向きな姿勢でリーダーシップを発揮する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ