2017.1.10 (Tue)

理想的な会社の在り方とは(第10回)

人気ドラマ「逃げ恥」に学ぶ部下のやる気を引き出す方法

posted by Biz Drive編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 2016年秋に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が、この冬人気となりました。『逃げ恥』の略称で親しまれ、最高視聴率20.8%を記録したヒットドラマです。ドラマを見ていなくても、タイトルくらいは耳にしたという方も多いでしょう。

 ストーリーは、求職中の主人公森山みくり(新垣結衣)が、「プロの独身」津崎平匡(星野源)の元で家事代行として働くことから始まります。あることをきっかけに家事代行の仕事も失いそうになったみくりは、津崎に「就職としての結婚」を提案。2人は “契約結婚”という奇妙な関係になりますが、そのことで周囲の人間を振り回すことに……。

 この「契約結婚」という設定は、いささか現実離れしているかもしれません。しかし、「上司と部下」という角度から見てみると、津崎のみくりに対する振る舞いは、部下からすれば“理想の上司”のようにも受け取れます。

 今回は、上司としての津崎の言動を分析し、どのようにすれば部下(みくり)のやる気と信頼を手に入れることができるのか、その方法を紹介します。

指示は常に明確で合理的であるべし

 本作で一貫しているのが、津崎がみくりに対して行う指示が具体的な点です。

 津崎は非常に合理的な人間です。みくりの家事能力をテストする場面でも、家事に対する指示も細かく的確に行い、曖昧な言い方は一切ありません。サービスへの支払いは前払いとし、「気に入らなければ、それきりで(契約は終わり)」とはっきりと伝えています。それに対してみくりは「すばらしいです、合理的で!」と感動します。

 上司に立つ側としては、忙しさなどの理由から、つい曖昧で非合理的な指示をしてしまうことが多いものです。たとえば、業務の意義は伝えず、「慣例だから」と仕事を与えたり、求めるレベルや期限を明確にしないまま、「できる範囲で」「手が空いたら」などと曖昧な業務指示を出すことをしてしまいがちです。

 もしかすると、相手を思いやってそのような指示を出しているケースもあるかもしれませんが、その結果、上司と部下の間で受け取り方の違いが生まれ、仕事のやり直しが発生してしまうことはよくあることです。そうなってしまえば、部下は「最初からはっきり言ってくれ」、上司は「なんでちょうど良い具合にやってくれないんだ」と、お互いにフラストレーションを感じることになります。

突拍子もないアイディアも一旦受け止めるべし

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Biz Drive編集部

Biz Drive編集部

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


YouTube

ページトップへ