2016.11.14 (Mon)

理想的な会社の在り方とは(第6回)

部下の心を開くちょっとしたコミュニケーション技術

posted by 野中 圭介/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 社内で何気ない会話ができたり、軽い冗談を言い合える空気は、業務効率向上の大きな助けになります。働く人間のモチベーションを上げるだけでなく、ちょっとした仕事上の確認がしやすくなってミスが減り、相談事やアドバイスもしやすくなるなど、職場環境にとって意外と重要な要素が詰まっているからです。

 管理職にとって、部下とのコミュニケーションは大切な業務の一環。今回は簡単に部下とのコミュニケーションを充実させるテクニックを紹介していきます。

基本は「上司から話しかけること」

 まずは、最も簡単なコミュニケーションである「挨拶」から考えていきましょう。風通しのいい職場づくりをするためには、上司から部下にあいさつすることが重要です。

 あいさつができない部下は、礼儀知らずなのではなく、単に委縮している可能性があります。毎回とはいいませんが、たまには上司からあいさつをすることで、次は部下からもあいさつしやすくなるという循環が生まれ、あいさつをきっかけに会話もはじめやすくなります。

 業務に関する進捗も、上司から確認していく姿勢が大切です。仕事中に上司へ報告・相談することを、部下は「上司の仕事の邪魔をする」とためらっているかもしれません。上司が普段から話しかけて、あいさつや仕事の進捗、最近の調子を尋ねることで、部下の方も大分話しやすくなります。

 部下から話しかけられたときには、「今は忙しいから後で」と切り捨てない姿勢が重要です。長々と話すようなら注意すべきですが、多くの報告はすぐ終わるようなものがほとんどです。一分一秒を争うという場でない限り、部下からの話を優先して聞くべきでしょう。いつでも相談できるという印象を持ってもらった方が、細かい報告も上がってきやすくなり、トラブルを未然に防げます。

部下の心を開かせる雑談テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
野中 圭介/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

野中 圭介/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

東京在住。ライター歴10年。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ