2016.10.20 (Thu)

理想的な会社の在り方とは(第4回)

副業、在宅勤務OK。多様な働き方が企業に与える効果

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 副業や在宅勤務、変則的な勤務時間など、現代は働き方が多様化しています。今後も、多様な働き方を求める人はさらに増えていくでしょう。今回は、優秀な人材を確保するために企業が取り組んでいる新しいワークスタイルを紹介します。

副業OK、在宅勤務OK……大手企業の取り組み

 目薬で知られるロート製薬は、2016年4月から「社外チャレンジワーク」として、従業員の副業を認めています。就業先を届け出れば、平日終業後や休日に他社で働くことができる制度です。社外での経験を自社で活かし、多様性を深める狙いがあるといいます。

 また日産自動車では、従業員のプライベートの時間を確保するため、「1日8時間勤務」を意識して働き方を見直す「Happy8」プログラム改革を導入。

 一方でリクルートホールディングスは、出勤しなくても働けるよう、全従業員をリモートワーク(在宅勤務)の対象にしています。

 こうした一部の大企業では、多様化する働き方に対応するため、フレックスタイムやワークシェアリング、時短勤務、在宅勤務など、何らかの制度を導入しています。今後、少子高齢化により労働人口が減少することは確実となっているため、優秀な人材の確保は各企業にとって重要な課題と言えるでしょう。

「仕事のやりがい」よりも「多様な働き方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ