【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第26回)

「時間と集中力の無駄遣いはダメ」羽田圭介の仕事観

posted by 秋山 由香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 17歳という若さで文芸賞を受賞し小説家デビューを果たした、小説家・羽田圭介。学生小説家として執筆活動を続け、その後、一般企業に就職をしてから専業小説家へと転身した。専業小説家になって6年が経過した2015年に、「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞。以降、独特のキャラクターで注目を集め、現在も執筆活動を続けながら多くのメディアに出演している。

 前編では、小説家になったきっかけや心掛けていること、自分が書いた作品をボツにするか否か決める際の「判断ポイント」などについてお聞きした。

 後編では、新卒で就職した一般企業を1年半で辞めた理由、仕事に埋没することなく成長し続けるために必要なこと、芥川賞を受賞してからの変化などについて詳しくお聞きした。2017年に上梓した『成功者K』をはじめ、刺激的な作品を生み出している羽田。話題作を書き続けるための「学び」や「工夫」から、メディア出演に対する考え、気分転換の方法まで、ビジネスのヒントになるエピソードを語っていただいた。

居心地のよい会社員生活を、わずか1年半で手放す

――大学卒業後に新卒で一般企業に就職されて、1年半で辞めたと聞きました。なぜ就職されたのでしょうか? 最初から小説家1本でやっていくという選択肢は考えませんでしたか?

 若い頃は自信過剰だったので、自分の職業は小説家で決定している、死ぬまで小説家だと信じて疑いませんでした。その前提があった上で、「就職しないとわからない世の中の仕組みもあるだろうな」と思い、広義の意味での取材のために就職したという感じですね。それより大きな理由として、せっかく付属中学時代からも含め大学まで10年間も私立の学校に通わせてもらったのに、専業小説家という学歴の関係ない身分になるのが親に申し訳なくて。自分にとって一番面倒くさくない道が、とりあえず一般企業に就職することでした。

――会社員経験を通して学んだこと、身に付けたこと、今も役立っていることなどはありますか?

 うーん、特にないですね。強いて言うなら、「小説を書く上で会社員経験は必要ない」ことがわかった、といったところでしょうか。

 学生という肩書が外れ、会社員兼小説家になったことで、責任や緊張感のようなものは感じました。が、それも最初の1カ月だけ。人間が、自分の生活を平板なものに整えようとする力って、めちゃくちゃ強いと思うんです。だからすぐに慣れてしまう。最初はテンパっていても3カ月経つ頃にはルーティーンになって、すべてが刺激の少ない日常になってしまうんですよね。

 新人で大した仕事を任されていなかったから、というのもあるとは思うんですが、就職して少し経った頃に「会社員経験は、小説のネタとして2~3作品には使えても、小説家としての成長そのものには関係ないんじゃないか」と思うようになりました。それに、学生時代にデビューして一度も就職しないまま専業小説家一筋でやってきた人たちの小説ほど、面白かったりするのが、なによりもの証拠ではないかと。

 本当はもっと早く辞めるつもりだったのですが、周りの人たちが親切で、大企業が故に無能な人間でもまぎれこめてしまう居心地の良さもあり1年半も勤務してしまった……という感じです。「このままじゃマズイな」「そろそろ小説を書くか」と思って、軽い気持ちで退職しました。

時間の節約という感覚がない人は、何事もなし得ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

秋山 由香

秋山 由香

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ