【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第24回)

羽生善治は、わざと損する一手でチャンスを作る

posted by 片岡 義明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 将棋の7大タイトルである「名人」「棋聖」「王位」「王座」「竜王」「王将」「棋王」を1年のうちに同時制覇するという初の快挙を成し遂げた羽生善治氏。前編では、羽生氏がプロ棋士となり、初めてタイトルを獲得するまでの話から、困難な状況においてプレッシャーを克服する方法などについて聞いた。

 後半では、七冠を達成したときのエピソードとともに、将棋に対する考え方や勝負において心がけていることなどを詳しく聞いた。七冠達成後も長年にわたって第一線で活躍し続けている羽生氏は、どのような勝負哲学によって高い勝率を維持し、モチベーションを保ってきたのか。また長年、将棋界を牽引してきたトップ棋士である羽生氏に、“チャンスを見極める”という将棋だけでなくビジネスにおいても貴重な意見を語っていただいた。

勝負勘は、体調が万全でないほうが研ぎ澄まされる

――七冠制覇をしたときは、対局数も多かったと思いますが、精神や身体のコンディションはどうだったのですか。

 あの頃はとにかく忙しかったですね。移動と対局が毎日ずっと続くので、次第に自分がどこにいるのかわからなくなっていきました。対局の疲れから回復し、作戦を考えて次の対局に臨むという流れが通常なのですが、その間隔がどんどん短くなっていって、前の対局を検証しないまま、ずっと走り続けていく感じでした。

 この頃に、年間89対局という記録を達成しました。ひとつの対局に2日間かかることもあるので、計120日間くらいは対局していたことになります。

 勝負勘というのは、忙しいときや疲れているときのほうが研ぎ澄まされるものです。休養が十分に取れているときというのは、気分はすっきりしているけど、細かい判断は鈍ることがあります。ある程度の負荷をかけたほうが、いい結果を産むということですね。

 あと、1日の中でも、朝起きて絶好調のときは意外と試合の結果があまり良くありません。また、好調が1日ずっと続くというのはめったにありません。最初は少しのんびりしているくらいのほうがいいです。

――七冠制覇のときは、前年に「あと1タイトルを獲れば七冠」というところまで行って失敗しましたが、次の年に見事に勝ち取りました。

 前の年に負けたときはもちろんショックでしたが、終わって1週間後には次のタイトル戦が始まったので、失望している暇はありませんでした。すぐに気持ちを切り替えて、「来年も狙うぞ」といったことはまったく考えず、目の前の一局を丁寧に積み重ねることしか考えませんでした。

 再挑戦のときは、あとふたつ勝てば七冠くらいの頃になってから、初めて意識しましたね。最後の王将戦のときは、高熱が出ている状態で対局したので、プレッシャーを感じる暇もありませんでした。将棋は考えすぎてもダメなこともあるので、逆に余計な力が入らず良かったと思います。

「わざと」自分が損をする一手とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

片岡 義明

片岡 義明

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ