【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第22回)

「プレッシャーは克服しない」柳家小せんの仕事観

posted by 秋山 由香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 2010年に真打(最高位の身分)への昇進と同時に、柳家小さん一門の名跡(みょうせき:一門で伝統的に継承されてきた芸名)である「小せん」を継いだ落語家が、5代目・柳家小せん氏だ。小学生の頃から落語が好きで、中学の頃に寄席通いを始め、以降10年間、ほぼ毎月欠かさず寄席に通い続けたという。大学4年のときに一般企業への就職ではなく、落語家への弟子入りを選び、噺家(はなしか)としてのキャリアを積んで行くこととなった。

 名跡を継ぐときのプレッシャーやその克服法、ポーランドで落語ワークショップを行うという新たな挑戦、そして仕事をする上で大切にしていることなどについてたっぷり聞き、落語に生きる者ならではの「しなやかな仕事観」に迫った。

プレッシャーには「打ち勝たない」

――前編で、先代の小せん氏がいかにすごい方かということをお聞きしました。自身が「小せん」という名跡を継ぐと決まったとき、どのようなお気持ちでしたか?

 いやもう、怖いのひとことでした。前回もお話しましたが、先代の小せん師匠は、ふわ~っと高座(落語の舞台)にやってきて、一気に場の空気を掴み、その色を変えてしまうような、すごい力を持った方。まるで会場全体が魔法にでもかかったかのような不思議な場づくりをされる方でした。小せん師匠の魔法のかけらがほしくて何度も何度も稽古に通ったことは、いまでも忘れられません。

 尊敬する、憧れの、大好きな大師匠。そんな方の名前を継ぐわけですから、怖くないわけがない。しかも、私が名跡を継いだのは、先代が亡くなってからたった4年後のことだったんですよね。楽屋の落語家やお客さんにも鮮明に先代の記憶が残っているわけで、なおプレッシャーを感じました。

――そのプレッシャーには、どうやって打ち勝ったのでしょうか?

 いまだに打ち勝ってはいません(笑)。自分の師匠から「小せんを継いではどうか」と言われたときは「私なんかでいいんですか?」という気持ちでいっぱいでした。が、「断るのか、おめぇ」「なれるんだからなれ」と言われまして……。断る理由もないし、身の丈に有り余るような有難いお話だという気持ちもあり、外堀を埋められて襲名しました(笑)。プレッシャー9割、嬉しい・ありがたいという気持ちが1割。そのぐらい、プレッシャーが大きかったことを覚えています。

 いまでも心の奥底には「私なんかでいいんですか?」という気持ちがありますし、この気持ちは一生消えないのではないかと思います。しかし、「小せん」を受け継いだ以上、いつまでも萎縮しているのではなく堂々と開き直って、自分にできる落語を愚直に精一杯にやっていこうと気持ちを切り替えました。気持ちを切り替えても、やはり畏れ多いという気持ちは消えませんが……。5年、6年とやっているうちに、少しずつプレッシャーが小さくなってきたような気がします。「小せん」を継ぐことができて本当にありがたい、落語ができることが嬉しいという気持ちが強くなりました。

 すると襲名して3、4年経ったころからいろいろな方に「おっ、小せんになったね」と言われることが増えてきました。「先代の小せんとか、今の小せんとかではなく、『小せん』と言えばお前だね」と言われたときは、本当に嬉しかった。その言葉にすがって、なんとかやっています。

落語家という仕事は自己鍛錬がないと続かない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

秋山 由香

秋山 由香

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ