【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第21回)

落語家・柳家小せん × 「空気を読む力」= ?

posted by 秋山 由香

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 5代目、柳家小せん(やなぎやこせん)。2010年に真打(最高位の身分)へと昇進し、柳家小さん一門の由緒ある名跡(みょうせき:一門で伝統的に継承されてきた芸名)である「小せん」を引き継いだ実力派の落語家だ。飄々としていて涼しげな、ふわりとした語り口が持ち味で、軽やかながら、聞き手の心に残る落語を届け続けている。

 大学3年で就職について考えるようになるまで、「一度も噺家(はなしか)になろうと思ったことはなかった」と語る小せん氏が、なぜ突然、落語の世界に飛び込もうと決意したのか。落語との出会いや思い、落語界独特の師弟関係などについて幅広く話を聞き、「噺家」という厳しい世界で得てきた数々の経験から、シビアな『職人世界』を生き抜くためのヒントを紐解いた。

グッと掴まれて吸い込まれる、鮮烈な原体験

――落語との出会いについて教えてください。いつ、どんなきっかけで落語の世界に興味を持ったのでしょうか。

 落語に出会ったのは小学生のときでした。たまたま落語を扱った本を読み、なんとなく興味を持って、テレビの演芸番組やラジオを聞き出したのがハマり始めたきっかけ。何本か見ているうちに、頭ではなく心の奥のほうから「これは面白い! すげぇ世界だ!」という感動が湧き上がってきて、気が付いたら、テレビ・ラジオは欠かさずチェックし、親にせがんで寄席に連れていってもらうという“落語少年”になっていました。

 もっとも印象に残っているのが、落語に出会ってすぐの頃に見た、桂米朝(かつらべいちょう)師匠の「天狗裁き」という演目です。とある長屋に住む夫婦がひょんなことから「いまさっき見ていた夢の内容を教えろ」「いや、夢など見ていない」と口論を始め、そこに続々と長屋の住人が入ってきて大騒動に発展するというあらすじで、とにかくコロコロと場面が移り変わっていくんですよね。

 噺が始まってすぐに、グッと掴まれてスッと吸い込まれるような、なんとも言えない感覚に陥りました。まるで自分がその長屋にいるかのような、世界のなかに入り込んでしまったかのような……。次々と変わるシーン、入れ替わる人々を、まさにそこで見ているような錯覚に捕らわれました。

 それがいわゆるオチのところで、一気にボンッ!と解き放たれる。「なんだったんだ、これは……」「うわぁ、面白れぇ!」、そして「ああ、ただ面白いだけじゃない、落語ってすげぇんだ!!」と思わされ、それですっかり落語の虜になってしまいました。このときの鮮烈な原体験がなかったら、落語を生涯かける仕事にしようとは思わなかったかもしれませんね。

――すげぇんだ!!と思った小学生の頃から、落語家になりたいと考えていらっしゃったのですか?

 いえ、まったく思っていませんでした。ハマり始めてから10年間、ほぼ毎月、少ないお小遣いを握りしめて横浜から都内の寄席に通い詰めていましたが、自分で「やりたい」と考えたことは一度もありませんでしたね。

 落語家を仕事にしようと思ったのは、大学3年生のときです。就職活動の前に「オレはなにになればいいんだろう」と考えたら、なぜか魔がさして「落語家になろう」と思ってしまったんです(笑)。一度きりの人生、どうせなら好きなことに没頭したい、これだけ好きなのだから生涯を賭けてみてもいいのではないか、そう思っての挑戦でした。ただただ好きだった、それだけの理由で、見る側から演じる側へといきなりスイッチしてしまったというわけです。

――落語にハマったきっかけが純粋な感動や衝撃なら、落語家になろうと思った理由は好きという気持ちだけ。理屈や計算ではなく、心から湧き上がる自然な感情が、仕事の原点になっているのでしょうか。

 そうかもしれません。いまでも、テクニックを追求するのではなく、なによりも「面白い」「好き」という純粋な気持ちを大切にしたいと思い続けています。「うまい落語より、面白い落語を」、それが私の目標です。

落語家の師匠は生殺与奪の権利を握る「超重要人物」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

秋山 由香

秋山 由香

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ