【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第19回)

“目標120%” 「PlayStation 4」開発責任者の心得

posted by 小池 晃臣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 1994年に家庭用ゲーム機「PlayStation®」を発売して以来、家庭用ゲーム機の世界をリードしてきたソニー・インタラクティブエンタテインメント。2013年11月に発売を開始した家庭用ゲーム機「PlayStation®4(以下PS4®)」の世界累計実売台数が2017年初に5,340万台を突破し、2016年10月に発売開始したPS 4®と組み合わせて楽しむバーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation®VR(以下PS VR)」は発売後に品切れが続くほどの人気を博している。

 いまや“ソニー”というブランドを象徴する存在の1つとなったゲーム事業で、主にゲーム機器などのハードウェア開発を統括し、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 取締役 副社長を務める、伊藤雅康氏に話を聞いた。

自動車づくりの夢から一転、オーディオづくりの道へ

──家電メーカーのソニーで、しかも「PlayStation®」などのハードウェア開発をされている、と聞くと生粋のエンジニアというイメージが湧きますが、少年時代からメカ好きだったのでしょうか。

 実は子供の頃は野球少年だったんですが、実家が国道沿いにあったこともあってか小さい頃から車が好きでした。いつかは車をつくってみたいという思いが子供の頃からあり、高校では理系コースを選んだのです。

──そんな車づくりに憧れていた少年が、早稲田大学理工学部を卒業し、1986年に家電メーカーのソニーに入社しました。大学で夢が変わったのでしょうか。

 大学での専門は熱力学で、研究室で自動車のエンジンについて学んでいたぐらいですから、夢が変わったということはありません。しかも、当時は自動車レースのF1がブームの全盛期でしたから、エンジンづくりには特に魅力を感じていました。

 ただ、いざ就職となると、研究室の多くの先輩達が自動車メーカーに就職していたものの、エンジンづくりに携われている人はわずかしかいないことに気づいたのです。エンジンがつくれない可能性があるのなら、自動車メーカーに就職しても仕方がないと考えるようになりました。

 そこで他の進路を検討したところ、高校時代から音楽が好きでバンドを組んだりしていたことに改めて思い至って、音楽ならばやはりソニーじゃないかと。ソニーで設計者になろうと決意して、研究室の推薦枠に応募したのです。

──少年時代から好きだった車ともう1つの音楽が、職業選択の決め手になったということですね。ソニー時代はどのような仕事をしていたのですか。

 オーディオ事業本部のカーステレオ部門に配属されて、ケースから基板、CDやミニディスクの駆動部と、カーステレオのあらゆる箇所の設計を手がけました。当時のソニーは“動きもの”をつくらせると他の追随を許さないという評判があり、先輩にもそうした設計に長けた人が多かったですね。

カーステレオ部門からゲーム部門への転身

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小池 晃臣

小池 晃臣

取材ライター

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ